easy scal fx(イージースキャルfx)の検証評価

このブログはeasy scal fx(イージースキャルfx)について詳しく検証した結果をまとめています。

イージースキャルfxがあなたの期待しているようなパフォーマンスを出せるのか?を報告するのに加えて、当ブログだけの限定特典も用意しています。



他のブログからだと絶対に手に入らないものばかりなのでぜひ、最後まで楽しんで読み進めていただければと思います。


■easy scal fx(イージースキャルfx)の評価

イージースキャルfxのように、売買サインを明確に示してくれるサインツールというのは従来からも良くありました。そんな中で、イージースキャルfxの特徴を上げると、


・検証期間が十分に長く信頼性がある

・パラメーター調整してくれる



という2点になるでしょう。


まずサインツールが有効に機能するかどうかというのは、どんなツールを使っているか?が判断材料にはなりません。結局、どれだけの成績(利益)を残しているか?につきます。

たとえば、ボリンジャーバンドと移動平均線剥離率の様に、性質が似ていて相性の悪いツールを組み合わせていようが、そんなことは関係ありません。どんな結果を出しているか?が全てです。



もっと言うと、どれだけ長い間、利益を出し続けているのかも重要になります。1日・1ヶ月単位で負けてしまうことがあったとしても、少なくとも年間ペースでプラスを守っているかがきわめて重要になります。

サインツールというのは、悪い見方をすると「カーブフィッティング」ができます。カーブフィッティングとは、特定の期間だけ良い成績を出しているように見せることです。



過去2,3年くらいの短い期間だと、カーブフィッティングがしやすくなります。つまり、違う期間(違う相場)になると、まるで成績を出せなくなる危険が高くなります。

イージースキャルfxはその点、検証期間が過去10年とかなり長くなっています。この10年の間には、リーマンショックもありましたし、震災もありました。



それにもかかわらず、イージースキャルfxは常に年間ベースでプラス収支を続けているので、今後も、同じような成績を維持してくれる可能性は極めて高いといえます。



その上、作者の石黒さんが相場を見ながらパラメーターを調整してくれるサービスも無料となっています。本来、パラメーター調整は自分の責任で行うか、ツール開発者に追加料金で依頼をするものです。

プロの目から見てイージースキャルfxを随時、最適化してくれるわけですから、どれだけ成績が悪くなったとしても、年間でマイナスになってしまうリスクは極めて小さいだろうと考えられます。



こういったサインツールでは、連敗によるドローダウン(累積損失)で大ダメージを受けることも多いんですが、イージースキャルfxの最大ドローダウンは4%もありません。

2011年の震災の時の3.68%が最大ドローダウンとなっていて、これはサインツールの中ではきわめて優秀な成績の方です。



つまり口座資金として100万円を入れていた場合、どれだけを損をしたとしても4万円以内に損失を抑えることができるわけです。

勝率が7割と高めで、損失を最小限に抑えられるからこそ、イージースキャルfxではコツコツ利益を増やして行きやすいツールとなっていますよ。



では最後に、当ブログからイージースキャルfxを申し込んでいただいた場合の特典について紹介をしますね。
下記の特典を数量限定で無料でプレゼントしているので、申し込みページでまだ入手できるかどうか?確かめてみてください。








相場に向き合う時間が1時間もあれば、チャートから利益をもぎ取れるようになるイージースキャルfxを当ブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら




イージースキャルfxの評判

タンス預金の常識⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、価格が上がった分現金はお金としての価値が目減りするのです。すぐには暮らしに必要とは言えないお金であるなら、安全でわずかでも金利も付く商品に変えた方がよいだろう。
多くの株式市場に自社株を公開している上場企業では、事業の活動を行っていくための方策として、株式の上場のほかに社債も発行することが多い。株式と社債の一番の大きな違いといえば、返済しなければならない義務があるかどうかなのです。
金融庁が所管する保険業法の定めに則って、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、どちらも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者のほかは実施してはいけないことが定められている。
一般的にデリバティブの内容⇒これまで取り扱われていた金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動で生まれる危険性をかわすために実現された金融商品全体のことをいい、とくに金融派生商品という名前を使うこともある。
銀行を意味するバンク(bank)という単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉が起源。ヨーロッパ一古い銀行。その名は600年以上も昔の西暦1400年頃に富にあふれていたジェノヴァで設立され、政治的にも大きな影響があったサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
実は我が国の金融・資本市場での競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融システムの更なる質的向上の実現を目指す取組や試み等を積極的に実践する等、市場環境や規制環境に関する整備がどんどん進められているのであります。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によるサービスのほとんどは平成19年に廃止された郵便貯金法に基づく「郵便貯金」とは異なり、銀行法(1981年年6月1日法律第59号)の規定に基づく「預貯金」に準ずるサービスです。
保険⇒突然発生する事故により発生した財産上の損失を想定して、同じような複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、整えた資金によって事故が発生した際に定められた保険金を給付する制度です。
きちんと知っておきたい用語。保険は、想定外に発生する事故が原因の財産上の損失に備えるために、立場が同じ多数の者が一定の保険料を出し合い、準備した資金によって予測不可能な事故が発生した者に規定の保険金を給付する制度なのです。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣を組織の委員長と決めた新しい組織、金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱位置づけられたのです。
よく聞く「失われた10年」→一つの国全体の経済やある地域における経済が約10年の長期間にわたって不況、加えて停滞に襲われていた時代を意味する語である。
格付機関による格付けのよいところは、難解な財務資料を理解することが無理でも格付けによって、知りたい金融機関の経営状態が判別できる点にあるのだ。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することも可能なのだ。
知らないわけにはいかない、バブル経済(80年代から91年)の内容⇒時価資産(不動産や株式など)が取引される金額が無茶な投機により本当の経済の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指す。
FXとは、証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す取引です外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが高く、さらに為替コストも安いのがポイント。はじめたいときは証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、大蔵省から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務をも統合しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁とは異なる)として再組織した。さらには2001年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、金融庁は内閣府直属の外局となった。