easy scal fx(イージースキャルfx)の検証評価

このブログはeasy scal fx(イージースキャルfx)について詳しく検証した結果をまとめています。

イージースキャルfxがあなたの期待しているようなパフォーマンスを出せるのか?を報告するのに加えて、当ブログだけの限定特典も用意しています。



他のブログからだと絶対に手に入らないものばかりなのでぜひ、最後まで楽しんで読み進めていただければと思います。


■easy scal fx(イージースキャルfx)の評価

イージースキャルfxのように、売買サインを明確に示してくれるサインツールというのは従来からも良くありました。そんな中で、イージースキャルfxの特徴を上げると、


・検証期間が十分に長く信頼性がある

・パラメーター調整してくれる



という2点になるでしょう。


まずサインツールが有効に機能するかどうかというのは、どんなツールを使っているか?が判断材料にはなりません。結局、どれだけの成績(利益)を残しているか?につきます。

たとえば、ボリンジャーバンドと移動平均線剥離率の様に、性質が似ていて相性の悪いツールを組み合わせていようが、そんなことは関係ありません。どんな結果を出しているか?が全てです。



もっと言うと、どれだけ長い間、利益を出し続けているのかも重要になります。1日・1ヶ月単位で負けてしまうことがあったとしても、少なくとも年間ペースでプラスを守っているかがきわめて重要になります。

サインツールというのは、悪い見方をすると「カーブフィッティング」ができます。カーブフィッティングとは、特定の期間だけ良い成績を出しているように見せることです。



過去2,3年くらいの短い期間だと、カーブフィッティングがしやすくなります。つまり、違う期間(違う相場)になると、まるで成績を出せなくなる危険が高くなります。

イージースキャルfxはその点、検証期間が過去10年とかなり長くなっています。この10年の間には、リーマンショックもありましたし、震災もありました。



それにもかかわらず、イージースキャルfxは常に年間ベースでプラス収支を続けているので、今後も、同じような成績を維持してくれる可能性は極めて高いといえます。



その上、作者の石黒さんが相場を見ながらパラメーターを調整してくれるサービスも無料となっています。本来、パラメーター調整は自分の責任で行うか、ツール開発者に追加料金で依頼をするものです。

プロの目から見てイージースキャルfxを随時、最適化してくれるわけですから、どれだけ成績が悪くなったとしても、年間でマイナスになってしまうリスクは極めて小さいだろうと考えられます。



こういったサインツールでは、連敗によるドローダウン(累積損失)で大ダメージを受けることも多いんですが、イージースキャルfxの最大ドローダウンは4%もありません。

2011年の震災の時の3.68%が最大ドローダウンとなっていて、これはサインツールの中ではきわめて優秀な成績の方です。



つまり口座資金として100万円を入れていた場合、どれだけを損をしたとしても4万円以内に損失を抑えることができるわけです。

勝率が7割と高めで、損失を最小限に抑えられるからこそ、イージースキャルfxではコツコツ利益を増やして行きやすいツールとなっていますよ。



では最後に、当ブログからイージースキャルfxを申し込んでいただいた場合の特典について紹介をしますね。
下記の特典を数量限定で無料でプレゼントしているので、申し込みページでまだ入手できるかどうか?確かめてみてください。








相場に向き合う時間が1時間もあれば、チャートから利益をもぎ取れるようになるイージースキャルfxを当ブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら